TOEICでハイスコアを狙うための勉強法

TOEICスコアアップに最も重要なのは「出題形式に慣れる」こと

TOEICスコアアップ対策のポイントは大きくわけて3つあります。

  1. TOEIC試験の出題形式に慣れること
  2. リスニング能力をアップさせること
  3. リーディングセクションのペース配分ができること

このうち、「TOEIC試験の出題形式に慣れること」が最も重要です。
なぜなら、TOEICの出題形式は決まっていて、毎回同じパターンで出題されるからです。

TOEIC試験はリスニング(45分間・100問)、リーディング(75分間・100問)、合計2時間で200問に答えるマークシート方式で出題されます。(参考:TOEIC公式サイト 出題テスト形式

なぜ、こんな当たり前のことが一番重要なのか?と言えば、TOEIC試験はパターンは決まっているものの制限時間内に解かなければいけない問題数が多く、ペース配分ができないと高いスコアを出すことが難しくなるからです。

驚くことに、TOEICを受験される方の中には問題集などにまったく取り組まず、今の自分の英語力だけで受験される人がたくさんいらっしゃいます。

しかし、これら多くの方がテスト終了後に、「時間が足りなかった・・・」「問題の会話が全然聞き取れなかった・・」など不本意な結果に終わっています。

まずは、“敵を知る”ことがスコアアップの最初の一歩であることを認識すべきです。

「TOEICテスト新公式問題集」は出題形式を知るのにベスト

出題形式に慣れるという意味では、「TOEICテスト新公式問題集」が最もオススメです。

TOEICテスト新公式問題集
VOL.1

TOEICテスト新公式問題集
〈Vol.2〉
TOEICテスト新公式問題集
〈Vol.3〉

この問題集はTOEICを実施しているETC社が発行している公式問題集で、他のどの問題集よりも本番テストの内容に近い構成になっています。もちろんリスニングセクションの音声CDも付属していますので自宅でTOEICテストが再現できるというわけです。

また、問題の「質、難易度」という意味でも現在発売されている問題集の中で最も本番に近い内容となっています。

この問題集は現在、Vol.1、Vol.2、Vol.3と3冊発刊されていますので、本気でスコアアップを狙うのであれば3冊全てやってみる事をオススメします。

TOEICテスト新公式問題集をやってみると自分の弱点が見えてきます。
自分の弱点を知った上で、ヒアリングを中心に勉強するべきなのか、リーディングに力を入れるべきなのか、英単語力が不足しているのか、といった自分の弱点を克服する対策に取り組みましょう。

TOEIC勉強法
Copyright © 2009 TOEIC勉強法 - 新TOEIC対策で目指せハイスコア! All Rights Reserved.