TOEICでハイスコアを狙うための勉強法

TOEICリーディングの攻略ポイント

TOIECのリーディング問題は75分という試験時間と100問という問題数の多さのため、最後まで終わらない人がたくさんいます。

とにかく問題文が膨大で全文を読むのに時間が掛りすぎてしまう・・・というのはTOEIC受験者ほとんどが抱える課題でもあります。

特にPart7の読解問題は苦戦する人が多いセクションです。

TOEICリーディング問題の攻略ポイントは、いかに速く問題を読み、内容を把握できるかということに尽きます。

そのためには、英文を読んで一度日本語に翻訳してから考えていては間に合いません。英語を英語のまま理解できるレベルにもっていけなければリーディングセクションのスコアアップは難しいのです。

文法問題を早く終わらせて、長文問題の時間を確保

まずペース配分について考えみましょう。
多くのTOEIC受験者を悩ますのがリーディングセクションの時間配分です。Part6,Part7の長文問題を解くのに時間が足りない・・というのが共通の悩みなのです。

できるだけ多くの時間をこのパートに割くようにするには、文法問題をいかに早く終わらせるかがポイントになります。

ご存じの通り、文法問題、語彙力は練習をかさねれば(覚えてしまえば)誰でも簡単にクリアできる問題です。時間配分に問題を抱えている人は文法問題の攻略に力を入れると良いでしょう。

ここを速く終わらせることができれば、長文問題を解く時間に余裕ができ全体的なスコアアップにつながります。

速読の基本は「前から読む」

英語を英語のまま理解するということは難しく感じるかも知れませんが、慣れてしまえば意外と簡単にできるようになります。

日本人は中学高校の文法、構文を中心とした英語教育により英語を日本語に翻訳して理解するクセが付いています。

このため英語独特の言い回しを理解するために、「英文のうしろの方に書いてあることを前に持ってきて・・・」という解釈をしてしまいがちなのですが、これを続けていたら読解速度は上がりません。

ネイティブは決して一度後ろに戻ってから理解するというような作業をしていません。

日本語と同じように、「英語は前から読む」「前から、そのままの順序で理解する」ということを意識的にやっていくと驚くほど読解速度があがります。

英語上達の最大の秘訣は脳みそを英語脳にしてしまうことなのです。

しかし、英語脳を作るのはそれほど簡単なことではありません。努力と訓練が必要です。
日頃からどれだけ多くの英文を読むかという地道な努力により徐々に作り上げられていくものなので通勤時間、通学時間、帰宅後、就寝前など、自分の生活ペースの中で意図的に英語に接する時間を増やすようにすることが大切です。

リーディング・リスニング・スピーキング は三位一体

リーディングの力が付けば、それにあわせてリスニング力も自然に上がります。その逆も然りで、リスニング力が上がればリーディング力も上がります。
また、TOEIC試験の点数には関係ありませんが、スピーキング力も自然にアップします。

読む・聞く・話すは三位一体なのです。

人間の脳は目、耳、口のどれか一つから得た情報だけよりも、複数から得た情報があった方が記憶が深くなるという事実は脳科学の分野でも証明されています。

TOEICリーディング対策のためだけに英文をひたすら読むのではなく、読んだら可能な限り発音し、英語を聞いてもシャドウイング(聞いた直後に口に出して発音する)するという事を習慣付けることが結果的には最強のTOEIC勉強法になるという事に気づいてもらいたい。

このような理由から、TOIECリスニングセクション対策でオススメの教材でもあるスーパーエルマーはかなり実践的で、リーディングセクション対策にも役立つ教材である。

もちろん、今もっとも注目されており愛用者も爆発的に増加している林式 新TOEIC超速スコアアップ法もとても良い教材だ。

TOEIC勉強法
Copyright © 2009 TOEIC勉強法 - 新TOEIC対策で目指せハイスコア! All Rights Reserved.